FIRA夏までに絶対に腹筋を割る方法

夏までに絶対に腹筋を割る究極の4つのポイント


夏までに絶対に腹筋を割る究極の方法!

夏までに絶対に腹筋を割る究極の方法をご紹介

運動が苦手、運動する時間のない方でも自己管理で腹筋を割る腹筋を割る4つのポイントとは?
今回ご紹介する割れた腹筋を手にする方法は、まさに究極と言えるでしょう。
運動が苦手、運動する時間のない方にも適した方法と言えます。
一日たっとの5分で割れる腹筋法でもなければ、サプリメントに頼るだけのものではありません。

理想の腹筋とは、いくつものあなたの努力が重なり合って完成します。
たゆまぬ努力がなければ決して腹筋は割れてはくれません。
あなたの努力の積み重ねこそが、理想の腹筋を手にすることができる最短の道です。
たとえ時間がなくても、たとえ筋トレが苦手でも、腹筋を割る事は可能です。
割れた腹筋の正しいメカニズムを知っているだけで、それが可能となってきます。
今年の夏前には、何とか間に合う可能性があります。腹筋を割る努力をしていただきたいと思います。
必ず実現は可能です。
今年の夏までには、引き締まった割れた腹筋を手に入れて下さい。

「腹筋を割る」とは、脂肪の下に隠れている腹筋の筋肉を、脂肪を極力なくして表面に出して見えるようにするということです。毎日激しい運動としっかりとした食生活管理を通じて脂肪はなくなり、割れた腹筋へと変化していきます。
いくら頑張って毎日激しいトレーニングをしても腹筋を鍛えて大きく強くしても、脂肪で隠れていると腹筋は見えません。脂肪をなくし、筋トレをすることでより早く割れた腹筋が完成します。

腹筋をどうやって割るのかということですが、その正確な答えをご存知の方は、以外と少ないのではないでしょうか。通常、腹筋運動をしなければ腹筋は割れないと思っている方が大半かと思います。
それは正しい選択でもあります。しかし意に反して、腹筋運動をしなくても実は腹筋は割れるのです。

では腹筋運動を全くしなくてもいいかというと、そういうものではありません。
あくまでも腹筋運動をしなければ、見違えるようなカッコ良い割れた腹筋は手に入れることはできません。腹筋運動を含むスポーツは、形の良い腹筋を作るにはとても重要です。
しかし腹筋を割るということでは、腹筋運動やスポーツは直接関係がありません。

ではここで重要な“腹筋を割る”ことを解説してまいりましょう。
それは冒頭でも触れましたが、「脂肪をなくす」ということに尽きるのです。
誰にも脂肪の下には腹筋があります。腹筋が見えるか見えないかは、脂肪の量できまります。
つまりその脂肪を減らすということが、腹筋を割るということで大切なことなのです。
ではどのようにして脂肪を減らして腹筋を割ったらよいのでしょう?

その大切なポイントは4つあります。
とてもシンプルではありますが、非常に重要でもあります。

1つ目としては、「運動」です。
2つ目が「食事」
3つ目が「水」
そして4つ目が「睡眠」です。

1つ目の「運動」では、できるだけ多くの筋肉を使った運動が大切となります。
水泳やジョギング、サッカーなど心拍数を上げ、カロリーを消費するスポーツが最適です。
腹筋自体はとても小さな筋肉です。従って腹筋の量を増やしても、燃やすカロリーはそれほど多くはありません。
そしてこうしたカロリー消費の高い運動意外にも筋トレはとても大事になります。
筋肉を付けるということは、それだけ消費カロリーも増えるということになるからです。
筋肉を維持するためには、カラダはとても多くの栄養分が必要となります。
つまり筋肉を付けるということは、太りにくいカラダになるということになります。
筋肉を付ければ付けるほどカロリーを燃やすカラダになっていくのです。

ではここまでのことを簡単にまとめてみましょう。
毎日最低でも30分程度の激しい運動-スクワット、懸垂など、筋肉を一度にたくさん消費する筋トレを行なう。カロリーが燃やされ、脂肪燃焼効果があります。


2つ目の「食事」では、栄養補給の見直しが大事です。
もしも炭水化物が中心のメニューになっているようなら、野菜を多く摂るようにしましょう。
野菜は食物繊維が豊富ですから、満腹感を得る事ができ、カロリーを抑えることができます。
おコメやパンをなるべく避け、野菜を中心に摂ることをオススメします。

1日たっ たの5分。自宅で出来る腹筋3種トレーニングについて解説

ご飯(炭水化物)を減らす

野菜は低カロリーで充分お腹を満たしてくれます。
食生活の見直しをすることで、より早くより確実に割れた腹筋を見ることができるようになります。
さらに重要な事はたんぱく質をたくさん摂るということです。たんぱく質は筋肉を作る上で重要な栄養源になります。またマッスルのためのサプリメントも有効な手立てとなります。

こうして全てが満たされてくると、自然とカラダがカロリーをたくさん消費します。
その上でもたんぱく質は大切です。
ボディビルダーや細マッチョを目指している人が、プロテインやFiraマッスルを摂っているのはそのためなのです。炭水化物や甘いものを減らし、野菜やたんぱく質を中心な食生活に変えていくことで、厄介な脂肪はみるみる減っていきます。
脂肪を減らす上で、一日のうちで野菜と肉や魚のたんぱく質を中心とした普段よりも低カロリーの食事を摂ることが大切です。


そして3つ目の「水」は、とても重要になってきます。
水にはカロリーが含まれていません。日常の飲料をジュースなどから水に替えるだけで、かなりのカロリーを減らすことができます。やや地味なことのように思われますが、非常に重要なポイントになります。
水はカロリーを燃やす上でも重要な役割があります。最低でも一日2~3リットル飲むことをオススメします。ジュースなどからの余分はカロリー摂取をやめ、水を飲む習慣をつけてください。


そして最後に「睡眠」
寝ている間に脂肪と筋肉のスクラップアンドビルドが行なわれるからです。睡眠をとることで脂肪が減り大切な筋肉が作られていきます。毎日の睡眠時間を8時間はとりたいものです。

ここまで上げた4つの項目を実行することで脂肪の下に隠れていた筋肉が、理想の割れた腹筋として現れるようになってきます。
ぜひ、今年の夏前までに手にいれていただきたいと思います。

FIRAトップ

FIRAサプリの適切な飲み方

製腹筋運動クランチ解説

効果的なサプリメントの飲み方

筋トレへのモチベーション

Vシット腹直筋トレーニング

ヒップ・脚の鍛え方

自宅で簡単腹筋トレーニング

腹筋ローラートレーニング

ナロープッシュップ上腕三頭筋

筋トレドラゴンフラッグ

夏までに絶対に腹筋を割る方法

簡単腹筋3種トレーニング方法

腹筋V字トレーニング方法

上腕二頭筋を太くする方法

引き締まったお腹ツイスト

ダンベルシットツイスト

立って筋トレ,シックスパック

センタークランチのフォーム

横腹をスッキリ引き締め

筋トレ・シックスパック

立ちコロができない

ダンベルプレス&腕立て

体幹トレーニングで腹を凹ます

ダンベルフライで大胸筋アップ

ハンマーカール・力こぶ

オルタネイトヒールタッチ

プラスαスクワット

腹筋・体幹を鍛えるプランク

ダンベルオルタネイトカール

Firaマッスルの正しい飲み方

ダンベル筋トレ・フロントレイズ

初心者向けプッシュアップ

インクライン・ダンベル・フライで大胸筋と三角筋を鍛える

広い肩幅を作るサイドレイズ

背中のトレーニング-「ワンハンドローイング」

三頭筋「オーバーヘッド・トライセップス・エクステンション」

前腕エクササイズ「リストカール・ハンマーカール」

Firaマッスルのインディアンデーツとは

腹筋ローラーのポイント

初心者向けプッシュアップ

1日30分の独自の筋トレメニュー

スクワットの正しいやり方とダイエット効果

ダンベル+Firaで大胸筋を鍛える!

腹筋を割る方法をしっかりと理解する

↑ PAGE TOP