腹筋運動「センタークランチ」の正しいフォーム

腰を痛めない腹筋運動「センタークランチ」の正しいフォームご紹介!


センタークランチ

【筋トレ】腰を痛めない腹筋運動『センタークランチ』のやり方

今回は腹筋運動の中で最も効果的な「センタークランチ」の正しいフォームをご紹介してまいります。
腹筋運動のエクササイズの正しいやり方を勉強していただきたいと思います。
頑張って腹筋運動をする訳ですから、正しいフォームで効率の良いエクササイズをマスターしていただきたいと思います。

センタークランチ

頑張って腹筋運動をする訳ですから、正しいフォームで効率の良いエクササイズをマスターしていただきたいと思います。本日のご紹介腹筋エクササイズは「センタークランチ」です。

クランチの中ではもっともイージーなスタイルかと思います。
膝の間に手を入れて行く感じだと思っていただければOKです。
簡単だといわれていますが、しっかりと注意点を守って行なえば、効果は間違いなくあります。

では実際に解説をしてまいりましょう。
クランチでも腰を痛めてしまったという話も聞くことがあります。
注意点の第一としては、腰を反らないということです。
腰・背中と床の間に手が入るようでは、間違いなく腰を痛める結果になってしまいます。
しっかりと腹筋を下に押し付けるようにして、隙間ができないようにしてください。
従ってクランチのスタートポジションは、首を少し持ち上げた状態からを意識しましょう。
こうして腹筋を丸めておくと、床と背中に隙間もできませんし、腹筋に意識がより入るようになります。

センタークランチ

両手の平を合わせ、両足の間に持って行きます。上体をゆっくりと起こします。
上体を戻す時に、床に頭が付いてしまうと、背中も反り返ってしまいますので、頭は床に付けずに背中を丸めた状態にしましょう。
少し腹筋を丸めたところをスタートポジションとしましょう。
スタートポジションで、すでに腹筋は緊張しています。
従ってあまり上体を起こさなくても、わずかに起き上がるだけでも腹筋の効果は十分にあります。
大きく動く必要はありません。床と背中に隙間ができないことを必ず意識して下さい。
小さな動きで正しい効果を出すようにします。センタークランチの注意点は、背中と床の間の隙間を作らないこと。そして大きな動きではなく、小さな動きで<br>ゆっくりと行なうことです。
自分の限界まで追い込んで下さい。一見地味に見えますが、しっかりと効果は現れてきます。頑張って下さい。

ポッコリ 横腹をスッキリと引き締めるエクササイズ「サイドフランク」について解説



FIRAトップ

FIRAサプリの適切な飲み方

製腹筋運動クランチ解説

効果的なサプリメントの飲み方

筋トレへのモチベーション

Vシット腹直筋トレーニング

ヒップ・脚の鍛え方

自宅で簡単腹筋トレーニング

腹筋ローラートレーニング

ナロープッシュップ上腕三頭筋

筋トレドラゴンフラッグ

夏までに絶対に腹筋を割る方法

簡単腹筋3種トレーニング方法

腹筋V字トレーニング方法

上腕二頭筋を太くする方法

引き締まったお腹ツイスト

ダンベルシットツイスト

立って筋トレ,シックスパック

センタークランチのフォーム

横腹をスッキリ引き締め

筋トレ・シックスパック

立ちコロができない

ダンベルプレス&腕立て

体幹トレーニングで腹を凹ます

ダンベルフライで大胸筋アップ

ハンマーカール・力こぶ

オルタネイトヒールタッチ

プラスαスクワット

腹筋・体幹を鍛えるプランク

ダンベルオルタネイトカール

Firaマッスルの正しい飲み方

ダンベル筋トレ・フロントレイズ

初心者向けプッシュアップ

インクライン・ダンベル・フライで大胸筋と三角筋を鍛える

広い肩幅を作るサイドレイズ

背中のトレーニング-「ワンハンドローイング」

三頭筋「オーバーヘッド・トライセップス・エクステンション」

前腕エクササイズ「リストカール・ハンマーカール」

Firaマッスルのインディアンデーツとは

腹筋ローラーのポイント

初心者向けプッシュアップ

1日30分の独自の筋トレメニュー

スクワットの正しいやり方とダイエット効果

ダンベル+Firaで大胸筋を鍛える!

腹筋を割る方法をしっかりと理解する

↑ PAGE TOP