ハンマーカール/上腕二頭筋(力こぶ)

【筋トレ】ハンマーカール/上腕二頭筋を鍛える


ハンマーカール

ハンマーカール
今日のご紹介する筋トレメニューは、ハンマーカールで上腕二頭筋を鍛えるものです。
男性のシンボル的要素のある力こぶを大きくたくましくします。
女性の多くは男性の太くたくましい腕が大好きなんです。
今日の筋トレもぜひとも実践していただければと思います。

腕トレーニング/ハンマーカール・上腕二頭筋(力こぶ)
ハンマーカールによって鍛えられる筋肉は、上腕二頭筋です。
目標回数は先ずは低めで設定しましょう。20回 5セット(ここからスターと)
もちろん、ご自分の筋力・体力に合わせて徐々にアップして下さい。

ハンマーカール

ハンマーカールのポーズは、手のひらを内側に向けた形で両手にダンベルを持ち、肘を固定したままダンベルを引き上げる動作です。このハンマーカールは、上腕二頭筋(力こぶ)を鍛えることがきる腕のトレーニングの代表的なメニューといえるでしょう。
どんなフルマッチョでも細マッチョでも、必ずやっているトレーニングです。


ハンマーカールのスタートポジションをもう一度確認しましょう。
手の平を内側に向けた状態でダンベルを握ります。
足は肩幅ぐらいで立つようにしましょう。
脇を締めてダンベルを肩の真下に構えて下さい。
肘を固定して手首を真っ直ぐにしたままダンベルを持ち上げます。
肘を身体の横に固定したままダンベルを持ち上げます。
ダンベルを固定しないで上下すると、そのウェイトで腰を痛めることになります。
しっかりと動かないように固定して下さい。
戻す時はゆっくり戻しましょう。

ダンベルを持ち上げる時に、ゆっくりと息を吐ききります。
ダンベルを戻す時に、大きくゆっくりと息を肺いっぱいに吸い込みます。
ダンベルのウェイトは特に意識しなくて構いません。
あるもので行って下さい。
ウェイトが軽くて何度でもできるようなら、なるべくゆっくりと数を大目に行いましょう。
あまりにも重たくて片手ではできない場合には、一つのダンベルを両手で持って行って下さい。
体力には限界があります。無理をしてはいけません。
徐々に付加を上げていくようにしましょう。
なれてくると、今のウェイトでは物足りなくなります。
その時には次のウェイトを準備することをオススメします。

ハンマーカールは、1回のサーキットで必ずこなしたいメニューです。
腕、胸、腹筋、太股などトータルにトレーニングできるようになると、様々なウェイトのダンベルが必要になってきます。最高の細マッチョになるためには、最小限の機具も必要になってきます。
手持ちの予算と相談をして、筋トレするのもいいかと思います。
機具がなければ筋トレができないということはありません。
でも機具があれば、筋トレのバリエーションは大きく広がってきます。
しっかりとメニューをやり終えたら、Firaマッスルを30分以内に摂ると、代謝が上がっているので、効果もより高くなります。頑張って下さい!

【筋トレ】 オルタネイトヒールタッチ(腹筋)の正しいやり方について解説

Firaマッスル公式サイト>> FIRAマッスルサプリ


FIRAトップ

FIRAサプリの適切な飲み方

製腹筋運動クランチ解説

効果的なサプリメントの飲み方

筋トレへのモチベーション

Vシット腹直筋トレーニング

ヒップ・脚の鍛え方

自宅で簡単腹筋トレーニング

腹筋ローラートレーニング

ナロープッシュップ上腕三頭筋

筋トレドラゴンフラッグ

夏までに絶対に腹筋を割る方法

簡単腹筋3種トレーニング方法

腹筋V字トレーニング方法

上腕二頭筋を太くする方法

引き締まったお腹ツイスト

ダンベルシットツイスト

立って筋トレ,シックスパック

センタークランチのフォーム

横腹をスッキリ引き締め

筋トレ・シックスパック

立ちコロができない

ダンベルプレス&腕立て

体幹トレーニングで腹を凹ます

ダンベルフライで大胸筋アップ

ハンマーカール・力こぶ

オルタネイトヒールタッチ

プラスαスクワット

腹筋・体幹を鍛えるプランク

ダンベルオルタネイトカール

Firaマッスルの正しい飲み方

ダンベル筋トレ・フロントレイズ

初心者向けプッシュアップ

インクライン・ダンベル・フライで大胸筋と三角筋を鍛える

広い肩幅を作るサイドレイズ

背中のトレーニング-「ワンハンドローイング」

三頭筋「オーバーヘッド・トライセップス・エクステンション」

前腕エクササイズ「リストカール・ハンマーカール」

Firaマッスルのインディアンデーツとは

腹筋ローラーのポイント

初心者向けプッシュアップ

1日30分の独自の筋トレメニュー

スクワットの正しいやり方とダイエット効果

ダンベル+Firaで大胸筋を鍛える!

腹筋を割る方法をしっかりと理解する

↑ PAGE TOP